The best clinic

【口内トラブルを撃退】歯科を利用するときの注意点を紹介

品質の高いサービスを提供

安心の治療で完治

治療

池袋の歯科は駅前を中心にして様々な形態において診療を行っており、仕事帰りの人が快適に受診できるように、深夜帯にも治療を実施しています。
池袋の歯科を利用する際には、事前に予約を取っておくと効率的に受診をすることができるので、電話やメールなどで連絡を取っておくと良いでしょう。
池袋において開業している歯科が取り扱っている診療科目は、一般歯科から審美歯科まで様々なものがあり、患者の要望に合わせて臨機応変に対応してくれます。
基本的に池袋の歯科において虫歯の治療を行なうと、保険が適用される範囲の治療であれば、ひとつの虫歯において1万円くらいで完治させることができます。
根管治療など完治に時間がかかる場合には、もう少し治療費が高くなることがありますが、保険適用範囲の治療であれば、それほど治療費が高額になることはありません。
保険外の治療だと5万円から10万円くらいの費用がかかることがあります。
審美歯科などは保険適用外の治療が多いので、費用は高くなります。
保険適用範囲の治療を希望する場合には、カウンセリング時にそのことを説明すれば、しっかりとすべての治療に関して保険適用範囲の治療を施してくれます。
また、医師を探すときは治療実績が豊富なところを選ぶのがおすすめです。
経験が豊富にある医師の方が、患者の不安を感知して丁寧に説明を行ってくれます。
気になる方は口コミサイトを参考にするのもいいでしょう。
実際に医院に行った方がその感想を載せています。

着色汚れを落とせます

男女

接客業の方が気にするポイントの一つが歯の着色汚れです。
歯の着色汚れはコーヒーやお茶をよく飲む方や喫煙者の方に多く見られます。
コーヒーやお茶に含まれるタンニンやタバコのタールが歯に付着すると、歯磨きだけでは取り除くことが難しいので次第に歯に蓄積するようになります。
この蓄積した色素成分がやがて歯の着色汚れとなって目立つようになるのです。
完全に定着した着色汚れは日常の歯磨きでは取れなくなります。
そのため着色汚れが目立つようになってきた場合には、歯科に通院して歯の汚れをきれいに落とす治療を受ける必要があるのです。
歯の着色汚れを落とす方法はティースクリーニングと言います。
このティースクリーニングはよくホワイトニングと混同されますが、ホワイトニングは歯の表面や内部の有機着色物を漂白する方法で、歯の表面に付着した色素を取り除くティースクリーニングとは全く別の治療法となっています。
しかしティースクリーニングとホワイトニングのどちらの治療法を選んでも、表面に付着して着色汚れを取り除いて歯を白くすることは可能です。
ステインと呼ばれる歯の汚れが気になる方はティースクリーニングを選び、黄ばみも気になる方はステインと黄ばみも同時に除去できるホワイトニングを選びましょう。
池袋の歯科で受けられるティースクリーニングには、ラバーカップを使った除去方法とジェットエアを吹き付けて除去するエアフローといった種類があります。
ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。
オフィスホワイトニングは歯科で行われる治療となっており、もう一方のホームホワイトニングはマウスピースを利用して自宅で行える治療法となっています。
池袋の歯科ではこれらすべての治療法に対応しています。
池袋周辺に勤めている方で歯の着色汚れが気になる方は、池袋の歯科で歯のクリーニングについて相談してみましょう。

土日の診療も可能

歯型と聴診器

池袋は都内でも交通の便が良く通いやすい地域なので、このあたりの歯科医院には仕事帰りや買物帰りに立ち寄りやすいという利点があります。
さらに、池袋の歯医者は、仕事帰りなどで忙しい人が来やすいように夜遅くまで診療を行っていたり、また、土、日でも診察を受けられるようなところがたくさんあります。
そして、昼休みに来られるような時間帯に診察していたり、短時間の診察が可能なところもあるので、勤めている人にとっては行きやすい場所と言えるでしょう。
さらに池袋の歯科ではカウンセリングに力を入れていたり、痛みを軽減するような治療法を取り入れていたり、患者さんの不安を解消するような対応を心掛けているところもあります。
このように、患者さんの立場に立って様々な方法を取り入れている池袋の歯科医院は通うのに適していますが、その場合、患者さんの方も気をつけた方が良い点があります。
初めて行く場合は特に保険証を忘れないことが大切ですし、詰め物がとれたようなときはその詰め物を持っていった方が良いでしょう。
また、できれば行く前に歯磨きをしたり、口臭の元になるようなニンニクなどの食べ物を避けたり、女性ならば口紅を落として行くことをお勧めします。
そして治療を始めた場合は、注意事項を守ることが必要ですし、途中で治療を勝手にやめてしまったり、何回も治療の当日にキャンセルをするということは避けるべきでしょう。
以上のように、患者さんの方も歯科医やスタッフのことを考えてある程度気を遣って通院すれば、そこが通いやすいかかりつけ医となる可能性が高いと言えるはずです。