The best clinic

【口内トラブルを撃退】歯科を利用するときの注意点を紹介

入れ歯とインプラントの差

治療法に大きな違いが

歯型

吹田市の主要駅近くは多くの商業施設などが建設されており、とても活気を感じるエリアとなっているのが特徴です。
駅前にはスーパーなどの商業施設の他に歯科医院も多く、吹田市は仕事帰りなどに治療を受けやすい環境となっています。
吹田市の歯科医院では様々な治療が行われていますが、自分の歯を失ってしまった場合は、入れ歯製作かインプラント治療かを選ぶ事が可能です。
インプラント治療が誕生する前は、加齢などで歯が抜けてしまった場合、部分入れ歯を作るという治療がポピュラーでした。
ですが、インプラント治療という新たな選択肢が生まれた事により、部分入れ歯を避ける事も出来るようになっています。
そもそも部分入れ歯だと、金属のフック部分が目立ちやすい・硬い食べ物が食べづらいなどの不具合が生じてしまう場合があります。
しかし、インプラント治療だと、入れ歯とは違い人工歯根を顎の骨に埋めるので、失った歯の代わりとなります。
そのため、多くの人が歯科でこの治療法を受けています。
顎の骨に金属製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療を行うのがインプラント治療の特徴です。
歯茎の上に人工歯を被せるようにして使う部分入れ歯とは違い、自分の顎自体に人工歯根を埋めてしまうのです。
金具が一切ないので目立ちにくい、また噛む力もキープ出来るといわれており、部分入れ歯に不具合を感じる方が多くこちらの歯科治療を吹田市の歯科で選択しています。

大きな虫歯でも適用可能

歯型と人形

吹田市で歯科を利用する際には、負担の少ない虫歯治療を行う施設を受診してみるのも良いでしょう。
虫歯治療の分野でも治療の選択肢が広がってきており、一般の歯科でも新しい処置法が採用されています。
歯をほとんど削らずに治療できるドックスベストセメントもその一つで、吹田市の歯科で受けることも可能です。
ドックスベストセメントとは虫歯に詰めるセメント剤のことで、ミネラルを主成分とし強い殺菌効果を持っています。
虫歯に直接詰めて殺菌し、菌の増殖をストップさせることができるため、患部そのものを削ることなく処置できます。
吹田市でもこの治療法を選択している患者さんは多く、最後まで痛みを感じることなく通院を完了させています。
ドックスベストセメントの最大のメリットは、大きな虫歯にも適用可能なところにあります。
通常なら神経を除去しなければならない虫歯でも、ドックスベストセメントを選択すれば神経治療を行うことなく処置できます。
神経を除去すると歯の弾力が失われてしまうのですが、この治療を選択すればそういった心配もなくなります。
また、歯根の状態も人によって様々で、中には奥の神経を除去するのに多くの時間がかかってしまう方もいます。
ドックスベストセメントの治療を受ければそういったデメリットも解消可能です。
年齢を問わず選択できるため、歯科が苦手な子供さんにも最適な治療法です。
3回ほどの治療で終了するので、通院に時間を取られることはありません。
吹田市で負担のない虫歯治療を望むなら、ドックスベストセメントの選択を考えてみましょう。

スケジュール管理をする

男の子

吹田市の歯科クリニックを受診する際に気を付けるポイントとしては、予定を早めに決めることであると言えます。
吹田市の歯科クリニックの一部では、虫歯の治療と定期検診を分けて実施しているクリニックもあり、定期検診の予約が取りにくいという問題があります。
時期によっては、数ヶ月先まで予約が埋まっているということも珍しくありません。
信頼できる歯科クリニックであるという証でもありますが、優先的にスケジュールを組むことが大切だと言えます。
また、虫歯治療においても、仕事帰りや学校終わりに行きやすい午後の診療時間については、予約が取りにくくなっています。
そのような状況を改善するために土日の診療を行うクリニックもありますが、継続的に治療をする場合は、クリニックに手帳などスケジュールがわかるものを持っていくといいと言えます。
また、予約を済ませている場合は、時間通りにクリニックに到着する必要があります。
吹田市のクリニックによっては分単位で予約が入っていることもあり、遅れるとキャンセル扱いとなる場合もあります。
無断のキャンセルなどをするとそれ以降予約しにくくなるという可能性もありますので、都合により予約した時間までに歯科クリニックに到着しそうにない、あるいは行くことができない場合には、できるだけ早く連絡をしましょう。
また、自動車で行く場合は、駐車場について頭に入れておく必要があります。
吹田市の歯科クリニックの駐車場は、台数が限られているか、設備がない可能性もあるからです。
事前に最寄りの駐車場を調べておくこともポイントです。