The best clinic

【口内トラブルを撃退】歯科を利用するときの注意点を紹介

綺麗な白い歯に戻す

施術方法を相談しよう

医療器具と白衣の人

歯の着色汚れはとてもよく目立つものです。
この厄介な歯の着色汚れは、主にコーヒーやお茶などに含まれるタンニンや、タバコに含まれるタールなどが原因となってできます。
また若いころに比べて歯が黄色く見えるようになるのは、歯の表面を覆っているエナメル質が薄くなって、象牙質の色が目立つようになってくるためです。
吹田の歯科で相談すれば、長年の蓄積によってできた着色汚れやエナメル質の減少によって変色した歯を、もとの白く美しい状態に戻せます。
歯の着色汚れは、ティースクリーニングで段階的に取り除くことが可能です。
吹田の歯科が行うティースクリーニングでは、PMTCと呼ばれる方法を用います。
PMTCでは歯にクリーニングペーストを塗布して、柔らかいラバーカップで表面を磨きながら付着した着色汚れを少しずつ取り除いてゆきます。
このPMTCでは歯の表面はもちろんのこと、歯肉の間まで磨くことができるので、歯周病の原因となるバイオフィルムも取り除くことができます。
変色した黄色い歯は、ホワイトニングできれいにすることが可能です。
ホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。
オフィスホワイトニングとは歯科で歯の表面に薬剤を塗布して行なうもので、浸透した薬剤の作用によって歯を美しく漂白する効果があります。
ホームホワイトニングは、自宅でホワイトニングを行う方法です。
歯科で処方される薬剤とマウスピースを使って自宅で手軽にホワイトニングをすることができますが、オフィスホワイトニングに比べると作用は穏やかです。
このティースクリーニングとホワイトニングは全く違う施術となっています。
吹田の歯科では、どちらの施術も受けることが可能です。
歯の汚れや黄ばみが気になる方は吹田の歯科を利用して、自分にどちらの施術があっているのかを相談してみましょう。

目立たない治療方法

歯科

歯の調子が悪い場合は、歯科医院へ通院します。
吹田市の歯科医院では、虫歯などの歯の治療以外に、歯科矯正をすることができます。
歯科矯正とは、悪い歯並びや合ってない噛み合わせをきちんと合わせる治療です。
歯科矯正には様々な方法がありますが、最もスタンダードで有名な矯正方法は、ブラケットという器具を使った方法です。
一つ一つの歯にブラケットを装着し、ワイヤーで歯を引っ張る矯正方法です。
少しの矯正が必要な人の場合でも、0.1ミリ単位で歯を動かすことができるため、美しい歯並びを手に入れることができます。
この方法は子どもから大人まですることができ、さらに実績もあるため安心して矯正することができます。
吹田市の歯科矯正の相場は、歯の状態などでも変動します。
ブラケット矯正の場合は、約60〜100万円になります。
あまり目立たずに歯科矯正をしたい場合は、ブラケットを歯の裏側に装着して矯正する方法があります。
この方法を使えば、人と対面した時に矯正器具が見えることはないので、矯正中も見た目を気にする必要がなくなります。
相場は約120万円程度で、一括で支払いない場合にはローンを組むことができる歯科医院が多いので、ローンの有無を確認しておきましょう。
吹田市は、大阪市からも簡単に移動することができます。
駅の近くには歯科医院が多いので、帰宅する際にも気軽に立ち寄ることができます。
吹田市には公共交通機関が多く、交通の便が優れているので、自宅や職場から通い易い歯科医院を選びましょう。

症状によって治療が変わる

歯医者

1960年代に開発が進み巨大なニュータウンが作られた吹田市は、今でも多くの住宅やマンションが建てられているエリアです。
年齢を重ねると口腔内にも色々なトラブルが起こるようになりますが、吹田市の歯科医院でも虫歯以外の治療を受けている方も少なくありません。
大人になってから起こりやすい口腔内の病気として挙げられる「歯周病」は吹田市の歯科医院であれば、どこでも治療を受けられます。
歯周病は30代以降の約80%の人が発症しているとも言われる病気で、歯茎が腫れたり出血を起こすといった症状が特徴です。
そのまま、歯周病を治療せず放置してしまうと、歯を失ってしまう原因となるので治療をする必要があります。
吹田市の歯科医院では軽度・中度・重度と歯周病の症状具合に合わせて、治療法を変えて最適な歯周病治療を行ってくれるようです。
軽度の歯周病であった場合、基本となるのが歯石を落とすスケーリングという歯科治療で、1回約1000円程度で治療を受けられます。
中度の歯周病に進行していた場合は、スケーリングにプラスしてルートプレーニングと言われる、歯科治療を行うケースがほとんどです。
ルートプレーニングはスケーリングで取りきれなかった、歯の根っこの方にある歯石を麻酔を施してから落としていきます。
より症状が進み重度の歯周病となっていた場合、吹田市の歯科医院ではフラップ手術という治療を検討するケースもあるようです。
フラップ手術は歯茎を切開してスケーリングや、ルートプレーニングでは落とし切れなかった歯石や細菌を徹底的に取り除きます。
歯周病は症状が進めば進む程、治療も負担が大きなものへとなるので軽度のうちに対処する事が大切です。